2017/12/25 愛知県行政書士会様と業務提携 建設業ソフトを年間1申請で更新無料、新入会員向けには5年間無料に

平成29年12月22日 愛知県行政書士会様と株式会社ワイズとの業務提携基本契約を締結しました。

契約締結にあたり、愛知県行政書士会 会長 前田 望先生と、株式会社ワイズ 代表取締役社長 福澤直樹による調印式が執り行われました。

愛知県行政書士会
会長 前田 望様
株式会社ワイズ
代表取締役社長 福澤直樹

提携内容は、ワイズが開発し、子会社の経営状況分析機関 ワイズ公共データシステムを通して提供している「電子申請支援システム 建設業統合版」を提携先である愛知県行政書士会会員の先生方に、行政書士登録後 5年間は無料にてご利用いただけるというものです。

おかげさまで、全国32府県の行政書士会単位会様と業務提携契約を結ばせていただくことができました。(2017/12/22現在)
さらに、入会後5年以上の会員様にも、年間1件の経営状況分析申請をいただくことで、「電子申請支援システム 建設業統合版」を更新料無料にてご利用いただけるよう、提携先行政書士会様へのサービスを拡充しております。



ご利用いただく「電子申請支援システム 建設業統合版」は、経審・経営状況分析評点のシミュレーション、経審・財務諸表・建設業許可・請求書等の書類作成ができる建設業許認可業務向けのソフトです。
行政書士先生にはシステムの導入料金が無料であり、導入後1年間は保守費用もかからず無料でご利用いただけます。
2年目以降もご利用いただく場合に初めて継続料金をお支払いいただきますが、通常は年間3件の経営状況分析のご申請で2年目も無料でご利用いただけるシステムです。
また、請求管理機能、インターネットバックアップ機能も追加し、日本全国多くの先生方にご利用いただいております。
https://www.wise-pds.jp/products/shoshi/soft.asp


経審シミュレーション 操作画面

財務諸表入力 操作画面

業務提携先の行政書士先生には、入会から5年間無料、入会後5年以上の会員様にも、年間1件の経営状況分析申請をいただくことで、更新料無料にてご利用いただくことができます。



ワイズグループは、全国各地の建設業界及び関連業界の発展を目的として、お客様のご希望により全国の都道府県行政書士会様と同様の業務提携をさせていただきたいと考えております。

   
(後列左より)
愛知県行政書士会
建設環境部長 早川 忠様
愛知県行政書士会
副会長 長瀨紀美子様
(前列左より)
愛知県行政書士会
会長 前田 望様
株式会社ワイズ
代表取締役社長 福澤直樹
~ 前田会長からのコメント ~
この度、愛知県行政書士会は、株式会社ワイズ様と業務提携基本契約を締結させていただきました。
建設業許可関連手続きは、行政書士の主要業務であるだけでなく、私達から建設業者に対し許可手続きを通して様々な提案をすることで、建設業界全体の発展の一助ともなっています。建設業関係の法律は非常に改正が多く、私達行政書士は、それに伴う様式改正等に日々対応し、研究を重ねていく必要があります。
その書類作成及びアドバイスツールである「電子申請システム建設業統合版」を当会員、特に新入会員にとって利用しやすい条件でご提供いただけることは、会員の利便性の向上、業務拡大につながる大きなきっかけとなることと思います。
今後とも、業務提携を通じて、株式会社ワイズ様と愛知県行政書士会とが共に手を携え、建設業界の発展に寄与していくことを心より願っています。
愛知県行政書士会
会長 前田 望
         

調印式に続いて、「電子申請支援システム 建設業統合版」についての研修会が行われました。

研修会の冒頭、愛知県行政書士会 副会長 長瀨紀美子様よりご挨拶がありました。
今回の業務提携について案内がございました。


愛知県行政書士会 副会長 長瀨紀美子様

研修会は愛知県行政書士会 建設環境部長 早川 忠様の進行にて進められました。
研修内容及び講師の紹介をいただきました。


愛知県行政書士会 建設環境部長 早川 忠様

研修会は、ワイズ公共データシステム 取締役 荻原隆仁より、「電子申請支援システム 建設業統合版」の操作方法、便利な機能について、また、財務諸表作成上の留意点について案内させていただきました。


ワイズ公共データシステム株式会社 取締役 荻原隆仁

研修会には100名を超える行政書士先生にご参加いただき、熱心にご聴講をいただきました。


質疑応答では先生方より、ソフトの操作方法について、業務提携内容について多くの質問がございました。

Q 業務提携による入会から5年間の無料期間、既存会員のインストール後1年間の無料期間後にソフト更新の場合、年間1件の経営状況分析の申請で無料で更新ができるが、申請が1件もない場合は費用はどのくらいかかりますか。
A 申請がない場合は、有料となりますが、年間 更新料30,900円にて更新いただくことができます。
ただし期限が切れた時点でソフトの使用を停止する場合は一切の費用はかかりませんので、安心してご利用いただくことができます。

Q 有料にて更新した場合に、次の期間で申請があった場合はその翌年は無料で使用できますか。
A 無料にて使用することができます。更新期限の前年1年間でワイズ公共データシステムへの経営状況分析のご申請をいただければ翌年1年間は無料となります。

Q ソフトのサポートは電話でもできますか、メールのみですか。
A 電話でもメールでもできます。電話はサポートダイヤル(026-266-0792)にて承っております。また操作サポートではお客様のパソコンを弊社オペレータが直接確認・操作させていただく遠隔サポートも行っております。

Q 経審の工事種類別完成工事高では、決算期変更がない場合は、「前審査対象事業年度」、「完成工事高計算表」の記載が不要です。ソフトで印刷されますが、消す方法はありますか。
A [工事種類別完成工事高 及び 計算表 自動作成用入力]画面で、①「決算期変更がない場合、前審査対象事業年度の入力は記入しない」にチェックを入れ、[④完成工事高 計算表への更新方法(決算期変更がない場合)]で、②「何も記入しない」を選択して更新することで記載がされなくなります。

以下に操作手順を案内します。

1.「完工高・計算表自動入力」ボタンをクリックします。


2.①「決算期変更がない場合、前審査対象事業年度の入力は記入しない」にチェックを入れ、[④完成工事高 計算表への更新方法(決算期変更がない場合)]で、②「何も記入しない」を選択して更新します。


3.前審査対象事業年度の決算年月と完工高計算表が記載されなくなります。


愛知県行政書士会様、この度は業務提携調印式の締結、並びに建設業研修会にお招きいただきましてありがとうございました。
今後ともご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。



(記事中の所属・役職等については掲載日時点での情報になります。)


戻る