ニュース 2018/02/09 「ゆきみらい2018 in 富山」 GPS除雪管理システム/タコグラフマネージャ を出展(2日目)

2018/02/09 「ゆきみらい2018 in 富山」 GPS除雪管理システム/タコグラフマネージャ を出展(2日目)

2月8日(木)9日(金)の2日間、富山県富山市「富山県民会館」など2会場で国土交通省 北陸地方整備局等の主催による「ゆきみらい2018 in 富山(http://www.hrr.mlit.go.jp/yukimirai-toyama/index.html)」が開催されました。
北陸地方では近年稀にみる量の降雪に見舞われましたが、多くの方にお越しいただき、賑わいました。

本年度は『温か~いまちづくりで世界につむぐ』をテーマに、国・地方公共団体・企業・NPO・市民団体等により、克雪・利雪技術の課題や研究、雪に強い街づくり、雪国の自然環境・歴史・文化の継承など、ハード、ソフト両面にわたる様々な取り組みに対する意見交換や情報交換、ならびに全国へ雪国の情報発信を行うことにより、雪国の未来を展望し、地域の活性化を図ることを目的に開催されたイベントです。
多量の降雪が続いたことによる、お足元の悪い中でしたが、多くの方にお越しいただきました。


会場:富山県民会館

ワイズグループでは、積雪地域の受発注者様にご好評をいただいている「GPS除雪管理システム」や「タコグラフマネージャ(HR-120020-A)」、除雪車両にかんたんに取り付けられる「除雪車両用 電光表示器」などの除雪関連製品を中心に出展させていただきました。

「GPS除雪管理システム」は、スマートフォンアプリ、GPSトラッカー、GPSロガーなどで記録したGPSデータを取込み、走行軌跡や速度グラフから契約路線内外の稼働時間を自動解析します。
除雪稼働費の集計をクラウドサーバーで行うことにより、受発注者双方の除雪費積算業務を効率化します。

<GPS除雪管理システム製品紹介ページ> http://www.wise.co.jp/josetsugps/


「タコグラフマネージャ」は、除雪等の建設機械に搭載されるタコグラフ・タスクメータといったチャート紙から、稼働時間等の認識・集計を自動で行い、日報作成業務をサポートするシステムです。
”バーチャート”や”旗揚げ”等、日報作成作業の事務負担を75%削減します。(※従来比)
矩形入力の操作性を向上させ、GPSデータ取込機能も搭載しております。
これまで以上に便利になった「タコグラフマネージャ」をぜひお試しください。

<タコグラフマネージャ製品紹介ページ> http://www.wise.co.jp/tachographocr/


開催2日目の2月9日も、行政庁の除雪業務担当者様、建設関連企業の担当者様が来場され、ワイズグループの展示ブースにも、多くの方にお越しいただきました。


【お客様からいただいた質問・感想】
・除雪車両用 電光表示器について
  「手元のリモコンひとつで操作できるのは便利。除雪作業にも集中できる。」(建設会社 担当者様)

・GPS除雪管理システムについて
  「スマホアプリの小黒板つきの写真が撮れるのは便利ですね。スマホ一つで出来るのは良いと思う。」(地方自治体業務担当者様)
  「日報作成だけでなく、予算管理まで一括してできると助かりますね。」(地方自治体業務担当者様)
  「画面がシンプルで見やすい。これなら若い人から年配の人まで誰でも覚えやすそう。」(地方自治体業務担当者様)

来年は同様のイベントが山形県新庄市で「ゆきみらい」として開催予定で、ワイズグループは来年も出展を予定しております。


今回開催地 富山県富山市 展示ブース
公益財団法人 富山コンベションビューロー ボランティアの方々

次回開催地 山形県新庄市 展示ブース
新庄市役所 都市整備課 雪対策室
主幹 佐々木淳司様

2日間にわたりお足元の悪い中でしたが、多くのお客様にワイズグループの展示ブースまでお越しいただきありがとうございました。
GPS除雪管理システム」や、「タコグラフチャート紙自動解析 除雪日報作成システム」の詳細につきましては、弊社までお気軽にお問合せください。



戻る